コラム

靴磨きって気持ちいい。(ミニマリスト)

僕は、靴は2足しかもっていません。

 

 

そのうち1足は長靴(海そうじや作業に必須)なので、普段使いは実質1足です。

 

 

『スピングルムーブ』というメーカーの靴に出会ってから、これ1足になりました。

 

 

普段使いから冠婚葬祭までOK、カジュアルすぎず、フォーマルすぎずのちょうどいい靴。(2丁拳銃のちょうどえぇ)

 

 

1足しかないこともあって、大事に使っています。

 

 

たとえば、毎日、靴磨きをしています。

 

 

専用のオイルを塗って、必要に応じて防水スプレーもかけます。

 

 

なんぎそうに聞こえますか?

 

 

実は、これ、とても楽しい作業なんです。

 

 

靴にオイルていねいに塗って、ふきとる、この一連の作業中、こころがとても安定します。

 

 

静寂、いまここ・・・いい感じの感覚。

 

 

『スピングルムーブ』の靴はこれです。

 

 

以上、「靴磨きはきもちいい。」でした。

 

 

ありがっさまりょうた。

 

 

 



続きを読む »

とらわれることなく。

少しずつ、身のまわりの余計なモノを「間引いて」いっています。

 

 

「間引く」というのは、生かすためにやるものです。

 

 

不必要なモノを取り除くことによって、本当に大切なモノを生かしていくわけです。

 

 

携帯電話のネット契約を減らしている(20→5→2ギガ)のですが、今月の実績が4.5ギガになりました。

 

 

現在は5ギガで契約をしているのでセーフですが、最終的にはというか、来月には2ギガにする予定なので、もうちょいです。

 

 

当たり前だと思ってもちつづけていたモノを捨てたり、持っているモノの使用頻度を減らしたりしていくうちに、しだいに自分に余裕が出てきました。

 

 

そもそも、僕には必要なモノなんてそんなにはないみたいです。

 

 

なくても生活はできてしまうということがわかってきました。

 

 

個人的には、「洗濯機」も「電子レンジ」もいりません。しかし、家族の総意としてもっています。

 

 

でも、いずれは処分したいと思っています。

 

 

このタイミングで、稲垣えみ子さんの新刊『寂しい生活』を読みました。

寂しい生活

稲垣さんは、「冷蔵庫」ももっていないそうで、家電は「パソコン」「携帯電話」「電灯」「ラジオ」の4つだけだそうです。

 

 

冷蔵庫の処分だけは今のところイメージできませんが、僕もこういう生活ができたらと思っています。

 

 

稲垣さんは東北の大震災で原発のことを考えたことがきっかけだったようですが、僕の場合は、使命感とかではなく、タンにこの方が気分がいいからに過ぎません。

 

 

家族に対しては、1つ1つ、工夫をして、もたなくても大丈夫だということを立証して、理解してもらえたらと思っています。

 

 

まぁ、でも無理強いをするつもりはないんです。

 

 

モノは、ないにこしたことはないけど、あったとしてもこだわらない、この方が生きるのは楽なのだと思うので。

 

 

とらわれることや執着は、度が過ぎると、ろくなことがありませんね。

 

 

以上、「とらわれることなく。」でした。

 

 

ありがっさまりょうた。

 

 

 



続きを読む »

僕の寝具はこれだけ(ミニマリスト)

僕がもっている寝具は、年間をとおしてこの2つのみ。(今は、サーファーポンチョが加わって3つになりました)

 

 

毛布と寝袋のみです。敷布団、かけ布団、タオルケット他はもっていません。

 

 

夏は毛布のみを使用して、横に敷いて、くるまって寝ます。冬は2つとも使用。

 

IMG_20171020_061809

 

クッションは、開くと寝袋になります。

 

 

IMG_20171020_061707

 

僕は寝袋歴が長く、これで3代目になりますが、やっと理想の寝袋にたどりつけた気がします。

 

 

『ふわふわ寝袋クッション ダウン入り』

 

 

ダウン素材でありあたたかく、洗濯機で洗うことができるので衛生的にもOK。

 

 

さらに、足を出すこともできるので、暑さの調整もできて、完璧。

 

 

以上、「僕の寝具はこれだけ。」でした。

 

 

ありがっさまりょうた。

 

 

 



続きを読む »

ネットの契約を20ギガから2ギガへ。

携帯電話のネットの契約を20ギガから「5ギガ」をへて「2ギガ」へ変更予定です。

 

 

最近、「フェイスブック」「グーグルプラス」など、次々に解約しました。「グーグルマイビジネス」もいらないので削除したのですが、なぜか?ネット上で反映されません。

 

 

ネットはこういのもメンドウだなと感じます。

 

 

前にも書きましたが、僕は自分や鍼灸院をピーアールするつもりがないというのが本心であるのに、

 

 

みんながやっているから僕もということで、いろいろやっていました。

 

 

このサイトは続けますが、これは日記みたいなモノであると同時に、僕の鍼灸院の情報をピンポイントで調べようとしたきには、さすがに情報があった方がいいかなというぐらいのレベルなんです。

 

 

ついでに、今回、ホームページも修正しました。もともと少なかった情報を大幅に削除。

 

 

「最終的に何もなくなるのでは?」と、お世話になっている担当の方から言われたぐらいです。

 

 

僕は、自分のペースで静かに生活する、これが大きな目標なので、目立ちたくはないんです。

 

 

それでも、うっかり見つかっちゃったら、それはしようがないけれども、わざわざ自分から見つかりやすくするのはやめようと・・・

 

 

こうしてネットから距離をとろうとしていたら、自然にネットを見る機会も減ってきました。

 

 

携帯のネット使用量を確認したら、とりあえず「5ギガ」はいけるので11月から「5ギガ」へ。

 

 

そして、12月からは「2ギガ」(最低使用量)に変更予定です。

 

 

さらに、明細を見てみると、「dキッズ」とか、わけのわからない契約もされていました。

 

 

すべて見直し。これまで10何年も使用料を払っていたとは…

 

 

ネットを減らしたことで、携帯料金も減るし、電磁波のへんな疲れもないしで、いいことづくめです。

 

 

以前、テレビがない環境下にあったときも、へんな疲れがなかったっけ。

 

 

「ミニマリスト」は「哲学」であり、「生き方」です。きわめていったら、すべてにおいて自分流の適切な量になるのだと思います。

 

 

僕の場合は、携帯の使用量は少し突出していたのかもしれません。

 

 

以上、「ネットの契約を20ギガから2ギガへ。」でした。

 

 

ありがっさまりょうた。

 

 

 



続きを読む »

自分の維持費について考えてみました。

「維持費」という言葉は、車の維持費とかで使いますよね。

 

 

車の維持費というのは、車検代とか保険料とか燃料代とか、車を所有して維持していくときにかかる費用のことですね。

 

 

僕は、自分というもの(人間)にも維持費ってあるんじゃないかと考えているんです。

 

 

たとえば、僕の場合は1カ月あたりでみると、住居費0円(固定資産税とか修繕費は除く)、食費(計算中)、ガス代(3000円以下)、水道代(3000円以下)、電気代(6~8000円、これは下げるため試行錯誤中)、携帯代(削減のため試行錯誤中)・・・

 

 

もろもろ足していくと、僕の1カ月あたりの生活費がわかります。つまりこれが自分の維持費であり、生きるのに必要な最低限の費用ということ。

 

 

この維持費がわかること、そしてできるだけ維持費を節約することで、1カ月とりあえずこれだけあれば生き延びることができるとわかります。

 

 

そうすると、最低限どれだけ働けばいいかがわかりますね。

 

 

1カ所の会社にしがみつく必要もなくなるかもしれません。

 

 

いやだったらやめる、それが苦もなくできるかも・・・

 

 

そして、僕が目標としている複業(副業ではありません。同時平行でいろいろやっていき、どれも大事にします。)をする勇気やチャンスも湧いてくるかもしれません。

 

 

維持費以上に稼いで、余った分は貯金してもいいし、別に運用してもいいわけです。

 

 

僕は、生活のために絶対におさえておく必要があるのは、「住」と「食」だと思っています。

 

 

この2つで多くのお金がかかります。もちろん、通常の生活を何の疑問もなく、受け入れればですが・・・

 

 

ここを自分なりに工夫していくと、生きていくことがかなり楽になるのではないでしょうか。

 

 

家新築って必要でしょうか?30年ローンなど組んではいけないと思うのですが、いかがでしょうか?

 

 

僕は、試行錯誤の上、住居費はほぼ0円にできましたので、今度は食の半自給をめざして動きたいと思っています。

 

 

まだ具体的な案があるわけではありませんが、こうして宣言していると、アンテナにひっかかってくると思うのです。

 

 

だれか、畑の一部を貸してくれたりしませんかね。家のまわり畑だらけなのですがね。

 

 

以上、「自分の維持費について考えてみました。」でした。

 

 

ありがっさまりょうた。

 

 

 



続きを読む »

鍼灸院の看板を超ちいさくしました。

こくう鍼灸院の看板ですが、以前からなんかしっくりこないなぁと思っていました。

 

 

理由の1つは、看板にアピールしている感があったからだと思います。

 

 

看板って、アピールするためのものですよね?これはわかっているんです。

 

 

だけど、僕はアピールしたいわけではない、というのが本音なんです。

 

 

といっても、以前の看板も白の壁に白の文字なので、ぜんぜん目立ちはしないのですが…しっくりこない。

 

 

僕のこころのどこかに、看板だから目立つという要素を捨ててはいけないと思うところがありました。

 

 

いいんです、目立たなくて。そもそも人も通らない海辺の隠れ家的なところにあるので、目立たせたってしようがないんです。

 

 

そういう矛盾もあって(最近まで自覚はありませんでしたが、どうやらこういうことだったようです)この看板なんか違うなぁとなっていました。

 

 

それで、思いきって自作してみることにしました。

 

 

やってみてたいへんだったのは、文字は自分で書く、またはつくるのはむずかしいということでした。

 

 

それで、文字は以前使っていたものを、そのまま活用することにしました。

 

 

そして、屋根のひさしの部分に、申し訳程度に設置、大きさは18㌢×18㌢。

 

 

自分の中では、いい感じになりました。

IMG_20171006_140606

 

以上、「鍼灸院の看板を超ちいさくしました。」でした。

 

 

ありがっさまりょうた。

 

 

 



続きを読む »

エムピウの財布でHSPの症状が1つ消えた。

以前のコラムで、財布を買い換えたことを書きました。

 

 

この財布、ミニマリスト的に見て最高のモノだと思っているのですが、いいことはそれだけではありませんでした。

 

 

以前からお話しているとおり、僕はHSPです。

 

 

HSPとは、ハイリー・センシティブ・パーソンの略で、超過敏な人みたいな意味になります。

 

 

日常のちょっとしたことで、緊張感が高まるわけです。

 

 

表面上は緊張しているように見えなくても、カラダへの反応はあって、たとえば脈が以上に速くなったりします。

 

 

健康診断の血圧では、通常よりも20ぐらい高くなることがあるので、呼吸法を使って通常レベルに落としています。

 

 

それでも1回目は高く出て、2回目でOKになるパターンが多いです。

 

 

ところで、エムピウの財布で、どうしてHSPの症状の1つが消えたのか?ですが・・・

 

 

実は、この財布には、小銭入れが2つあります。

 

 

そこで、1つは500円と100円玉を、

 

 

もう1つに50円、10円、5円、1円玉を分けて入れるようにしました。

 

 

すると、これまで、テマどっていた小銭出しがスムーズになったんです。

 

 

テマどることは、HSPの症状を悪化させます。

 

 

ですから、これまでは前もって小銭を確認して、手に持ってとかしていました。

 

 

いまは、簡単に確認がとれる上、取り出し口がヒラク構造になっているので、その場でサッととれます。

 

 

たった1つのことですが、毎日のことでもあり、かなり楽になりました。

 

 

以上、「エムピウの財布でHSPの症状が1つ消えた。」でした。

 

 

ありがっさまりょうた。

 

 

 



続きを読む »

1周まわってエムピウ。

『エムピウ』というのは、サイフのブランドのことです。

 

 

僕はもともとエムピウのサイフを使っていたのですが、

 

 

長サイフがいいという世の中の情報にオドらされ、長サイフを使っていました。

 

 

情報にオドろされるとは、なんてこった。

 

 

僕のサイフの中身は、お金以外は免許証のみです。(理由は、ずっと以前のコラムで書いています。)

 

 

こんだけしか持ち歩かないのに、長サイフは意味ないよね?

 

 

そして、ミニマリズムからしてもちがうなと。

 

 

それで、長サイフがいたんできたのを機に買い換えようかと。

 

 

そして、買ったのがこれ↓『エムピウ』のサイフ。

 

zonzo_mixN1

 

しばらく、別のところにいっていたら、新商品が出ていました。

 

 

オドロクほどちいさく、機能性も信じられないぐらいいい。

 

 

やはり、僕には『エムピウ』だなと。スッキリしました。

 

 

以上、「1周まわってエムピウ。」でした。

 

 

ありがっさまりょうた。

 

 



続きを読む »

フェイスブックを退会しました。

ちょっと前から利用自体を控えていたフェイスブック。

 

 

具体的には、友達でもフォローをしませんでした。そのため記事が流れてきません。

 

 

見たい場合のみ、友達の記事を見に行くということにしていました。

 

 

こうすれば、情報量に忙殺されることがないと思ったからです。

 

 

これで大丈夫かなと思っていたのですが、やっぱりちょくちょく見てしまい、そこからネットサーフィンにつながることも…

 

 

これはよくないなと思いました。それで、1回立ち止まって、フェイスブックって必要かなと考えてみました。

 

 

もともとは、鍼灸院の集客のためにはじめたのですが、いつのまにか…清掃活動の記録になりました。

 

 

これ自体はライフワークでもあるので大事なものではあるのですが・・・

 

 

そもそも清掃記録の意味は何なのでしょう?

 

 

証明のためでしょうか?アピールのためでしょうか?

 

 

いずれにしてもいらないかなぁと感じました。

 

 

最初の目的も、なんかこざかしいなぁと。

 

 

そういうわけで、フェイスブックを退会しました。

 

 

関連して、ブルートゥース用のキーボードが不調(このコラムを書くために購入)で、これも処分しました。

 

 

これからは、ネットカフェに行ったときのみ、記事を書きためて更新しようと思います。

 

 

そのため、更新ペースはまちがいなく落ちますが、見ていてくださるみなさん、今後もよろしくお願いします。

 

 

ネット関連でもう1つ、僕は、現在、携帯電話のネットは20ギガで契約しているのですが、近いうちに5ギガで契約できるようにしたいと思っています。

 

 

今後2、3カ月様子を見てから、契約変更をしたいと思います。

 

 

ちょっと、全体的にネットに引っぱられている感じがあります。

 

 

これから検討しますが、「グーグルアナリティクス」「グーグルプラス」もいらないかな?

 

 

ネットは、このホームページのみにしようかと思っています。

 

 

ていねいな生活には、正直ジャマなので。

 

 

以上、「フェイスブックを退会しました。」でした。

 

 

ありがっさまりょうた。

 

 

 

 



続きを読む »

あたらしい猫足バスタブがやってきました。

ちょっと前に、猫足バスタブの足の部分が折れて処分しました。

 

 

うちの村では、粗大ごみ扱いで、粗大ごみ券1枚(200円)でOKでした。

 

 

バスタブを買い換えるため、ネット、店舗などいろいろ探していたのですが…

 

 

いくつか条件があって、足のメッキがカンタンにははがれないこと、サビに強いこと、バスルームの雰囲気に合っていること・・・

 

 

今回壊れたバスタブは、買って10年ほどですが、ごく早い段階で足のメッキがはがれました。

 

 

猫足バスタブは、見た目がけっこう大事だったりするので、いきなりのメッキはげはイタかった。

 

 

調べてみると、同じバスタブを買った方のレビューにメッキがはがれたというのがいくつかありました。

 

 

猫足バスタブは、数万円から数十万円の幅があって、僕はいちばん安いのを買ったので、まぁしようがないよねー。とても数十万円は出せませんし。

 

 

当時、もうちょっと知識があれば、最初でサビ防止の処置をしたり、ペンキを塗ったりしたはずですが、そういったことをしないままだったというのも寿命に影響しました。

 

 

実は、今回もいちばん安いクラスのバスタブを買いました。買ったのは別のところからで、これです↓

 

 

IMG_20170922_141605

 

足の部分まで、ホウロウ素材なので、おそらく折れたりはしないはず。

 

 

高さ調整のための金属製アジャスターがあるので、これには早めにサビ止め処置をしようと思っています。

 

 

でも、このアジャスターは、仮に金属がサビてだめになっても、ホームセンターで買える材料なのでOK。

 

 

以前のモノとくらべると、バスタブの横幅が狭いのですが、慣れると、こっちの方がいいかもしれません。バスルームの空間も広く感じます。

 

 

さらに、バスルームの雰囲気にマッチしています。いかにも海外の猫足バスタブという感じだったら、バスタブだけがウイてしまったかもしれません。

 

 

3つの条件がクリアされているので、総合点としては70点ぐらいですかねー。

 

 

マイナス30点は、少しバスタブ自体の臭いがするのと(最初だけであってほしい)若干造りが粗く、なぜかはじめから汚れもあったためです。でも性能は問題なし。

 

 

今回の猫足バスタブも格安なので、このぐらいはありかなと受け入れました。

 

 

僕は、ミニマリスト的な生活をしています。バスルームにもモノがありません。

 

 

洗面用具は、そのつどバスルームにもちこみ、終わったら、もち出して元の位置へ。

 

 

あたらしいバスタブ、ながくつき合えることを願っています。

 

 

ちなみに購入したのは『日比野化学工業株式会社』というところです。

 

 

送料無料となってましたが、沖縄は輸送費がかかると、但し書きが…そりゃそうだよなぁ。

 

 

以上、「あたらしいバスタブがやってきました。」でした。

 

 

ありがっさまりょうた。

 

 

 



続きを読む »