コラム

料金システムの改定(加筆再掲)

「こくう鍼灸院」も、おかげさまで平成30年6月が終了すると3周年を迎えます。

 

 

以前から予告してきたとおり、平成30年7月1日から料金システムを改定いたします。

 

 

開業から3年間、より短期間で、より効果的にメンタルヘルスが達成できる方法を試行錯誤をしてきました。

 

 

従来の時間がかかることが当たり前の心理カウンセリングではなく(僕自身の20年近い対人援助の仕事を見直して…)

 

 

できるだけリピーターは出さず(こくう鍼灸院ではシステム上、5回をこえて受診することをリピーターと言っています)短期間での卒業を目標にした方法を検討しました。

 

 

試行錯誤の末、このことが可能になってきました。

 

 

結果として、当院は「治療院」というよりは「塾」のようなイメージが近くなりました。

 

 

将来的には治療は最小限にして、栄養療法を必須にしていきたいと考えております。(別のコラムで治療とは一線を画した「教室」開講の案内を行う予定です)

 

 

これらをふまえて、次のような料金システムに変更します(H30.7.1〜)


料金案内

時間 料金
90分 15,000円
60分 10,000円
30分 5,000円

この3コースになります。

 

 

①、②、③ともに、10分間の延長までは追加料金をいただきません。

 

 

初回は、心理カウンセリングだけではなく、アセスメント(状況把握や分析)もあり、時間がかかりますので、①「フルセッション」90分を推奨しています。

 

 

2回目以降は、①90分、②60分、③30分、ご希望の時間内で対応可能です。

 

 

ただし、③30分は概ね自力でセルフケアが可能な方、卒業後のメンテナンスに向いています。

 

 

所要回数ですが、①フルセッションだと3回程度、②「スタンダード」だと5回程度が一応の目安です。もちろん個人差はあります。

 

 

また、この期間は完全回復に要する期間ではありません。あくまでも、回復のきっかけ作りのために必要な期間です。

 

 

きっかけをつかんだら、自力で土台を作っていくことが大切です。

 

 

③「プチセッション」は、セルフケアの学習や卒業後のメンテナンスになるので、回数の目安を示すことはできず、必要な都度の対応になります。

 

 

それでは、ともに回復を目指しましょう。

 

 

以上、「料金システムの改定。」でした。

 

 

ありがっさまりょうた。

 

 



続きを読む »

料金システムの改定について(H30.7.1〜)

「こくう鍼灸院」も、おかげさまで平成30年6月で3周年を迎えます。

 

 

以前から予告してきたとおり、平成30年7月1日から料金システムを改定いたします。

 

 

開業から3年間、より短期間で、より効果的にメンタルヘルスが達成できる方法を試行錯誤をしてきました。

 

 

「こくう鍼灸院」では、従来の時間がかかることが当たり前の心理カウンセリングではなく(さらに僕自身の20年近い対人援助の仕事を見直して…)

 

 

できるだけリピーターは出さず(こくう鍼灸院ではシステム上、5回をこえて受診することをリピーターと言っています)短期間での卒業を目標にした方法を検討しました。

 

 

試行錯誤の末、このことが可能になってきました。

 

 

結果として、当院は「治療院」というよりは「塾」のようなイメージが近くなりました。将来的には治療は最小限にしていきたいと考えております。(別のコラムで治療とは一線を画した「教室」開講の案内を行う予定です)

 

 

これらをふまえて、次のような料金システムに変更します。(H30.7.1〜)

 

料金案内

時間 料金
90分 15,000円
60分 10,000円
30分 5,000円

 この3コースになります。

 

 

①90分、②60分、③30分ともに10分間の延長までは追加料金をいただきません。

 

 

初回は、心理カウンセリングだけではなく、アセスメント(状況把握や分析)もあり、時間がかかりますので、①「フルセッション」を推奨しています。

 

 

2回目以降は、①、②、③の、ご希望の時間内で対応可能です。

 

 

ただし、③は概ね自力でセルフケアが可能な方、卒業後のメンテナンスに向いています。

 

 

所要回数ですが、①フルセッションだと3回程度、②「スタンダード」だと5回程度が一応の目安です。もちろん個人差はあります。

 

 

また、この期間は完全回復に要する期間ではありません。あくまでも、回復のきっかけ作りのために必要な期間です。

 

 

 

きっかけをつかんだら、自力で土台を作っていくことが大切です。

 

 

③「プチセッション」は、セルフケアの学習や卒業後のメンテナンスになるので、回数の目安を示すことはできず、必要な都度の対応になります。

 

 

それでは、ともに回復を目指しましょう。

 

 

以上、「料金システムの改定について」でした。

 

 

ありがっさまりょうた。

 

 

 



続きを読む »

歯科衛生士さんの手の力。

僕は、定期的に歯科医院に通院しています。

 

 

歯は大切だと感じているし、自分だけではケアできない部分があると認めているからです。

 

 

もし、歯を失ったとしたら…

 

 

そのときにかかる費用や、精神的負担を考えると、おぉ-こわってなりますね。

 

 


欠歯生活 歯医者嫌いのインプラント放浪記

 

 

この本、著者が体験したインプラントのことが書かれていますが、これはたいへん。

 

 

ですから、常日頃の糖質制限、歯間ブラシなどのケアもおこたりません。

 

 

今回、数カ月ぶりに、通院しました。

 

 

ある歯科衛生士のときだけ、安心感が違うことに気がつきました。

 

 

個人差はあると思いますが、僕は歯医者が苦手です。

 

 

小学校の頃の痛かったトラウマがありまして・・・

 

 

今は、歯科の技術も進歩しているので、実際痛みはほぼないのですが。

 

 

通院先の、ある歯科衛生士さんの手は、

 

 

力が入ってなくて、自然です。

 

 

「気功法」の達人みたいな感じ…

 

 

自信がないから、おそるおそるやっている、というのとはまったく違います。

 

 

この方の人間性なのでしょうか?やわらかく、安心がある。

 

 

こんなに力を入れずにケアができるものなのでしょうかと思うぐらい。

 

 

でも、できあがりは最高なんですね。

 

 

気がつくと眠りそうになっていることもあって・・・

 

 

自分のことに焦点をあてると、患者さんにこういった安心感をもつていただくことができているでしょうか?

 

 

鍼は、一般的に痛いというイメージがあると思うので、なおさらです。

 

 

僕の鍼は、世界レベルで痛くない、これは言えるのですが、はたして安心感は?

 

歯医者で考えさせられる瞬間でした。

 

 

以上、「歯科衛生士さんの手の力。」でした。

 

 

ありがっさまりょうた。

 

 

 



続きを読む »

映画のプレミアムパスを買いました。

なんかブログを更新する気がおきなくて、だいぶ寝かせていました。

 

 

もともと、うったえたいこともあんまりないし…ムリヤリ書いてもしようがないですしねー。

 

 

タイトルの「プレミアムパス」というのは、スターシアターズの年間フリーパスのことです。

 

 

これをもっていると、いつでも、無料で映画が見ることができます。

 

 

パスはとても高いのですが、どのくらいかというと38回見ると、ちゃらになる程度です。

 

 

去年、実は25回ぐらいは見ていたんです。

 

 

それ以外に、見たいけど、1700円を支払ってまではどうかな?と思ってスルーしたものもあります。

 

 

そういうのを合わせれば、38回など、すぐクリアするんじゃないかと。

 

 

お金を支払ってまでは見ない映画を見ることで、得られるものもあるはずですし(既にありました)

 

 

実はもうひとつ計算があって、

 

 

テモチブサタな時間に、コンビニで何か買ったり、喫茶店でコーヒーを飲んだりすることでの出費がなくなります。

 

 

その効果はすでに実感しはじめていて、このままいくと、

 

 

僕のランニングコストはぐんと減ると思います。

 

 

目標ですが、月6万円代で行けるんじゃないかと…(これは衣食住すべて含めてなので、結構すごい数字なのです)

 

 

年末にプレミアムパスを買ってから、すでに6本見ました。

 

 

字幕見て、英語を聞いていたら、英語がしゃべれるようになったりして。…ないない。

 

 

これからガンガン映画を見て、オススメがあったら紹介しますね-。

 

 

以上、「映画のプレミアムパスを買いました。」でした。

 

 

ありがっさまりょうた。

 

 

 

 

 



続きを読む »

歯みがきは1日2回がいいみたい。


やっぱり、歯はみがいてはいけない 実践編 (講談社+α新書)

 

この本の内容の大部分に賛成で、僕は、実際、このようにしてきました。

 

 

歯みがきは1日2回、起床後すぐと、寝る前のみ。

 

 

では、毎食後はどうするか?ですが、

 

 

「ジェットうがい」をします。これは僕が勝手に言っている造語です。

 

 

上下左右の歯に、ジェットのように水をぶつけることを繰り返す、うがい法です。

 

 

これで汚れは落ちます。歯みがきはいりません。むしろ、やってはいけません。

 

 

それは、食後は口の中が酸性に傾いているからです。ここで、ゴシゴシこすると歯が悪くなります。

 

 

食後に歯をゴシゴシみがいている方をよく見ます、ちがうのになぁーと思うのですが、つっこんだりはしません。

 

 

相手から質問されていませんし、おおきなお世話だからです。

 

 

食後は、ジェットうがいと、できるのであれば歯間代ブラシで大丈夫。

 

 

ちなみに、これは本の内容ではありませんが、僕は歯みがき粉を使いません。

 

 

歯みがき粉の成分が意味がわからないことと、爽快感による、みがいたつもりになることをさけるためです。

 

 

ですから、塩を少しつけて、みがくようにしています。

 

 

歯みがきは、1日2回、起床後すぐと、寝る前がいいようですよ。

 

 

以上、「歯みがきは1日2回がいいいみたい。」でした。

 

 

ありがっさまりょうた。

 

 

 



続きを読む »

営業日時、治療時間を変更いたします。

おかげさまで、こくう鍼灸院を開業して2周年になりました。

 

 

治療のスタイルも、日々研究を続けており、方向性がはっきりしてきました。

 

 

平成29年7月1日に、営業日時と1回あたりの治療時間を変更します。

料金は当面据え置きますが、次年度平成30年7月1日から、料金を変更予定です。

 

 

このときには金額は上がりますので、治療を受けようか迷っている方は、この期間にご利用ください。

 

 

平成29年7月1日からの営業日は水、金、土の週3日です。

 

 

自分に無理しない範囲で仕事をしようと決心しました。

 

 

治療時間は原則90分。

 

 

これまでの半分の時間でも、これまで以上の治療ができることがわかりました。

 

 

また、180分のときは、患者さんの疲労度もあったと思います。

 

 

開始時間10:00、12:00、14:00、16:00、18:00は固定します。

 

 

そして、できる限り、1日1枠は空けておこうと考えています。

 

 

以上、「営業日時、治療時間等の変更」でした。

 

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

ありがっさまりょうた。

 

 

 



続きを読む »

歯科の定期検診は大事ですね。

歯科の定期通院に行ってきました。

 

 

というより、定期通院をさぼっていたら、歯がかけたんです。

 

 

歯がかけたのは定期通院をさぼっていたからではないのですが

 

 

定期検診で歯と歯茎、歯石のケアは必要だと思います。

 

 

正直、健康診断は行く意味ないと思っていますが、職場からの強制があるので、しかたなく行っています。

 

 

自由意志でいいなら健康診断はいきません。

 

 

でも歯科検診は別です。やった方がいいというか、やるべきだと思います。

 

 

ちゃんと通院しているときは、次回もサッと行けるのですが、1度とどこおるとなかなか。

 

 

今回、歯がかけたのはある意味ラッキーでした。

 

 

これを機会に定期的なケアを続けることができるので。

 

 

しかしですね、まぁまぁ痛かったです。

 

 

合谷のつぼは歯痛に効くと言われています。

 

 

ずっと押し続けるものの、有効打にならず。

 

 

中国の鍼麻酔って、ほんとに有効なのでしょうか?

 

 

話をもとにもどして、歯の状態を確認しているときに銀歯も落ちるしさんざん。

 

 

それで今回はしばらく通院をすることになりそうです。

 

 

みなさんも、歯の定期検診はさぼらない方がいいですよ。

 

 

歯周病と糖尿病の関係性もとりだたされていますしね。

 

 

それから、糖質制限は歯の健康にもいいですよ。

 

 

以上、「歯科の定期検診は大事ですね。」でした。

 

 

ありがっさまりょうた。

 

 

 



続きを読む »

「日焼けサロン」の滑り出しは順調です。

2017年2月15日、日焼けサロンデビューをしました。

 

 

 

目的は2つ、ビタミンDの役割が意外とすごく、その多くが太陽光によって体内で分泌されるとされているので体感したいと思ったこと。

 

 

 

免疫やホルモン様の働きをするということで、ビタミンDをなめていたなと。

 

 

 

もう1つがメインの理由で、日焼けとこころの平安の関係性を確認したいと思ったことです。

 

 

 

もちろん、データなどがとれるわけではありません。あくまでも自分自身の体感としてです。

 

 

 

僕はHSP(かなり過敏な人)なので、こころの変化の確認がしやすいんです。

 

 

 

医学的、科学的なデータを信用していないわけではありませんが、自分の体感は無視しません。

 

 

 

氣になることがあったら、まず試してみることをやってみます。

 

 

 

日焼けサロンは、2/15、17、20と3回利用しました。

 

 

 

今のところ、大きな変化はありません。

 

 

 

短期間であと1回ほど利用して、そこから日数を開けていこうと思っています。

 

 

 

日焼けは健康に悪いという専門家の意見が出ていることは知っています。

 

 

 

ただ、その専門家でも、いっさいだめであるとは言っていなかったりするんですね。

 

 

 

それで、実際に専門家の本も読んでみようと思いました。

 

 

 

ただ、購入はせずに読みたいので、やはり図書館になります。

 

 

 

『健康と紫外線のはなし』

健康と紫外線のはなし―日焼けが皮膚がんをおこす


書籍より引用

 

 

 

では、1日に必要なビタミンD3をつくるためには何分ぐらい日光にあたらなければならないのでしょうか。これを実験した人がいます。

 

 

 

その結果、夏の正午近くの太陽光であれば顔や手背にわずか2〜3分間あびるだけで、1日に必要なビタミンD3は生成されることがわかったのです。引用ここまで

 

 

 

短時間でいいらしいというか、短時間にすべきと言っているようですね。

 

 

 

もう1つ引用(マジですか?となった内容)

 

 

 

 

アメリカ合衆国のギルキレスト先生を中心とした研究グループがたいへん興味深い発見をしました。

 

 

 

紫外線を照射しなくても色素細胞がメラニン色素をつくるというのです。

 

 

 

モルモットの皮膚にDAGを塗り、日焼けと同じような色素沈着ができることを、すでに証明しています。

 

 

 

こうした最新の研究成果を受けて、現在、ピリミジンヌクレオチドの外用が研究されています。引用ここまで

 

 

 

マジですか?となり、その後のことも知りたかったのですが分かりませんでした。

 

 

 

この本は、だいふ前に書かれているのでデータが古いんです。これらのデータが現在も生きているかわからない。

 

 

 

それで、日焼けについてインターネットも調べてみましたが、こちらもいろいろでした。

 

 

 

現時点では、自分は10分以内の時間で日焼けサロンを使ってみることにします。

 

 

 

時間ができたので、本日2/24も行ってきました。自分は黒くなりにくいのだろうか?

 

 

 

ある程度の黒さをめざしつつ、こころを中心にした状況を観察しようと思っています。

 

 

 

ありがっさまりょうた。

 

 

 



続きを読む »

『ちゅらトゥースホワイトニング』5カ月経過しました。

何度かコラムに書いてきました、沖縄で生まれた薬用『ちゅらトゥースホワイトニング』

 

 

 

これは歯のホワイトニングのためのモノです。

 

 



 

 

アイボリー色スタートで開始1週間 わずかに変化あり

 

 

 

そこからしばらく変化がなかったのですが、粘っていたら

 

 

 

3カ月経過 うすいアイボリー

 

 

 

4カ月経過 超うすいアイボリー

 

 

 

そして、今回5カ月が経過しました。4カ月時点と大きく変わらず、超うすいアイボリーです。

 

 

 

おそらく、ここら辺が限界な感じがしますが、まだ最初に購入した3カ月分(3瓶)の

 

 

 

2カ月分(2瓶)さえ使い切っていない状態なので、そのまま継続したいと思っています。

 

 

 

最初の1瓶目をあやまって倒してしまい、だいぶこぼしてしまったのに2瓶目で5カ月を超えました。

 

 

 

本来なら2瓶で6カ月もったことでしょう。ということは3瓶なら9カ月になります。

 

 

 

3瓶の値段は約12,000円でこれが9カ月もつわけですから1月あたり1,350円程度になります。

 

 

 

僕は、寝る前の歯みがきのときのみ使用していました。

 

 

 

これで十分に効果があります。

 

 

 

とくにおどろいたのが、歯と歯の間の色素まで落ちたことです。

 

 

 

さすがにこれは落ちないだろうと思っていましたが、徐々にうすくなっています。

 

 

 

歯はみがくというよりも、履く感じのイメージが正しいと思います。

 

 

 

ガシガシやってはだめです。その際の歯ブラシの様子を見てください。

 

 

 

ブラシの毛の部分が押さえつけられて曲がってしまい、役に立っていないことがわかると思います。

 

 

 

だから、僕は履くようにみがいています。力をほぼ入れません。

 

 

 

これで十分というか、体験的にはこの方がよく落ちます。

 

 

 

糖質制限をしたこと(最近は適糖になってますが)もよい影響がありました。

 

 

 

虫歯の原因は糖質だと言われていますね。これを減らしたわけだから歯はキレイになるはずです。

 

 

 

そして、なぜだかあれほど飲んでいたコーヒーが飲めなくなってきました。

 

 

 

毎日3、4杯飲んでいたのが、週に1、2杯になりました。

 

 

 

コーヒーは色素沈着などの作用があると言われていますが、これも体験的に事実のようです。

 

 

 

歯を白くしたいと考えている方、『ちゅらトゥースホワイト』は効果的ですし、経済的だと思います。

 

 

 

この5カ月の体験ではっきり言えます。

 

 

 

今後も在庫がなくなるまでは継続しますが、定期報告はこれで終了です。

 

 

 

今後、報告をするときは、たとえば現在の色のベースがアイボリーですが

 

 

 

これがホワイトベースに変わるなどの変化があったときです。

 

 

 

最初の方でも書きましたが、ここら辺が限界だと思っていますが、うれしい誤算があったりして。

 

 

 

芸能人も、一般人も、歯がいのち。

 

 

 

ありがっさまりょうた。

 

 

 

 



続きを読む »

『ちゅらトゥースホワイトニング』4カ月経過しました。

「トゥース!」

 

 

「トゥース!」

 

 

「トゥース!」

 

 

 

「トゥース!」春日ばりに全力で。

 

 

4カ月経ちましたので4回言ってみました。これはどういでもいいですね。

 

 

「ちゅら」というのは沖縄の方言でキレイなどという意味。

 

 

そういえば昔、NHKで『ちゅらさん』という朝ドラがありましたね。

 

 

脱線続きなので本題へ。

 

 

前回お話したとおり、ちゅらトゥースホワイトニングを使用後1週間ぐらいで

 

 

わずかに歯の色が白くなりましたが

 

 

その後は、あまり変化がないままでした。

 

 

ところが、3カ月経過したあたりから、あきらかに白くなりはじめました。

 

 

ねばってよかったなぁと。

 

 

そして、4カ月が終了したのですが、さらにもう少し白くなってきました。

 

 

自分の歯の写真をのせるのは気のりしないので、のせませんが…この画像のアフターよりは若干アイボリー。

 



 

ちゅらトゥースホワイトニングを購入すると、毎月1つずつ、とりあえず3カ月連続で送られてきます。

 

 

実は、僕は3カ月でいったん購入を中断したんですね。

 

 

それは、単純に量が多かったからです。

 

 

1ビンで2カ月はもつので、3カ月分だと半年以上もつわけです。

 

 

1月あたりにすると2500円程度になるので経済的。

 

 

これを使いはじめてから、歯みがきの意識も変わりました。

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングを使う前には、かならず事前の歯みがきをするので

 

 

単純に1度で2回みがくことになります。

 

 

僕は元々、歯みがき粉を使っていませんでした。粗塩のみ。

 

 

理由は、歯みがき粉は清涼感がある分、逆に、みがき残しが出ると思ったから。

 

 

粗塩で7年以上経過して、歯の状態も非常によく、歯みがき粉は不必要だと確信。

 

 

歯科の定期受診でも「状態いいですねー」と言われています。粗塩のことはもちろん秘密。

 

 

みがき方の意識も変わり、ゴシゴシ、ガシガシみがきません。

 

 

これでは歯をいためるだけだとわかりました。

 

 

やさしくていねいにで、十分によごれはおちます。

 

 

そして、糖質制限の効果があるようです。

 

 

ある歯科医が書いた書籍に、虫歯の原因は糖質であるということが書かれていました。

 

 

その本には、先住民の食分析を通して

 

 

糖質が少ないほど、虫歯も少なかったという関係性に言及していました。

 

 

糖質制限を実践して1年以上、ノーマークでしたがそういう効果もあったんですね。

 

 

ちゅらトゥースホワイトニング + ていねいな歯みがき + 糖質制限のセットで

 

 

虫歯予防と白い歯が実現できそうです。

 

 

これまでの歯の色の変化ですが、アイボリー(最初)から

 

 

「うすいアイボリー」(3カ月)を経て

 

 

現在「極薄アイボリー」(4カ月)です。

 

 

ホワイトニングは元々、治療家として見た目の清潔感は大事だと思ってはじめました。

 

 

ホワイトニング以外にも取り組んていて、これらもコラムで書いています。

 

 

また、今は計画のみで、これから行う予定のものもあって

 

 

少しずつアップしますので、興味がありましたらご覧ください。

 

 

ありがっさまりょうた。

 

 



続きを読む »

1 / 212