冷蔵庫のミニマム化はできなかったけど…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最近、購入して5年ほどしか経っていないのに冷蔵庫が壊れました。

 

 

保証期間もキレていて、修理代の方が高くつくことがわかったため、購入することに…

 

 

つぎ買うときは、1人暮らし用の100リットル以下のミニマムな冷蔵庫にしたいと思っていました。

 

 

でも、こんなに早く壊れるとは思っていなかったので、この話を積極的にしてきませんでした。

 

 

壊れたか…いくらなんでも急すぎる。

 

 

ここで小さい冷蔵庫の提案は不可能だな。

 

 

ということで、やむなく現在使っているものとほぼ同じ160リットルの冷蔵庫を購入しました。

 

 

このことは残念でしたが、本当のところ僕の違和感は別のところにあったことに気がつきました。

 

 

冷蔵庫のミニマム化、これは大事だと思っていますが…

 

 

このことよりも、なんでもかんでも買ってきてストックして、冷蔵庫がパンパンであることに強い違和感を持っていたんです。

 

 

といっても一般家庭と比べるとシンプルですよ。あくまでも僕の基準だとアウトということです。

 

 

そこで、冷蔵庫のサイズは提案しなかったけど、まとめ買いをやめたいと提案しました。

 

 

僕は料理もするので、自分で必要に応じて最小限の食材を買えばいいんじゃないだろうか?

 

 

多くて2日分、それも1日分のつもりが若干余ったとか、2日分ぐらいが最小販売単位のものだから仕方なくとかそんな感じで…

 

 

実際に買い物に行ったりするなど動くのが自分というこもあって、すんなりいきました。

 

 

見違えるように冷蔵庫の中がスッキリしています。

 

 

これだ、これなんだな、理想は…

 

 

こころに余裕がないと、この状態は作れないし、継続もできないと思います。

 

 

それから「業務用スーパー」デビューを果たしました。

 

 

『有吉ジャポン』で特集を組んでいて、安いし量は多いしで、これはすごいなと思いました。

 

 

幸い、沖縄にもあったので行ってみたのですが、テンション上がりっぱなしです。

 

 

よくわからないテンションになって、不必要なものまで買うという本末転倒にならないように注意だなと思いました。

 

 

買い物、ストック、冷蔵庫内、できるだけていねいでシンプルな生活ができるように修正をかけていきたいものです。

 

 

以上、「冷蔵庫のミニマム化はできなかった。」でした。

 

 

ありがっさまりょうた。

 

 

 

スポンサーリンク